静岡新聞NEWS

清水町、静岡市で計5人感染 新型コロナ、1人は医療施設職員

(2020/7/4 06:45)
静岡県内感染者の主な行動履歴
静岡県内感染者の主な行動履歴

 静岡市は3日、同日午前に新型コロナウイルスへの感染を確認したと発表した市内に住む80代の無職女性の家族3人が、全員陽性と判明したと明らかにした。いずれも濃厚接触者として同日、PCR検査を実施した。市は市中感染の可能性は低いとみている。
 一方、県は同日、清水町在住で静岡医療センター(同町)に勤務する20代の女性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性職員は患者と接する仕事をしていて外来業務には携わっていない。発症の2週間前以降、県外や国外への移動はしておらず、感染経路は不明。同センターによると、女性職員以外に現時点で不調を訴えている人は把握していない。
 県内で一日に複数の感染者が確認されたのは4月30日以来。静岡市内の感染確認はこれで24人、県内の感染者は85人(再陽性者を含めると延べ86人)になった。

 ■静岡の感染4人は家族
 県内で3日、約2カ月ぶりに複数の新型コロナウイルス感染者が確認され、関係者は警戒の度合いを強めている。
 静岡市の80代無職女性は6月25日に発熱、せき、下痢の症状が出た。7月1日に市内の診療所を受診し、肺炎の症状が見られたことなどから市内の別の医療機関で検体を採取した。2日のPCR検査で陽性と判明し、県中部の感染症指定医療機関に入院した。中等症で、酸素吸入をしているという。
 陽性と判明した80代女性の家族3人のうち、2人は女性と同居している。もう1人は感染流行地域からの帰省者という。3人は3日、県中部の感染症指定医療機関に入院した。市は4日午後に会見を開き、家族3人の詳細を発表する方針。
 一方、県は、清水町の20代女性職員の病院の同僚や患者、発症2日前に会った親族を濃厚接触者と確定した。濃厚接触者の数は調査中。6月30日朝、だるさやのどの痛みを感じ、37・2度の熱が出た。7月1日夕には37・8度に上昇。2日にPCR検査を受け、3日に陽性と判明して県東部の医療機関に入院した。
 2日以降は病院に勤務していない。静岡医療センターによると、女性職員は勤務中、マスクを着用していて濃厚接触者は少ないとみられる。
 県内で1日に5人の感染が判明したことについて、県疾病対策課の後藤幹生課長は「今週初めには浜松市内でも感染が確認された。今後の推移を厳重に注視する」と話した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿