静岡新聞NEWS

県内初、コロナ再陽性 2度陰性で退院後、感染者延べ76人目

(2020/5/28 21:15)
静岡県庁
静岡県庁

 静岡県は28日、新型コロナウイルス感染後のPCR検査で陰性となり退院した人が、再び陽性になったと発表した。静岡県内で再陽性が確認されたのは初めて。県は、当該者が新たに感染した可能性が低いことや無症状であることから「再発や再燃でなく、体内のウイルスの死骸がたまたま反応したのではないか」との見方を示し、他者への感染力もないとした。静岡県内の感染者は延べ76人目。
 県によると、当該者は1度目の入院時のPCR検査で2度陰性が確認され、退院。その後、別の疾患で医療機関に入院した際、念のため受けたPCR検査で陽性になった。「本人の了承が得られていない」として性別や年齢、居住地、入院時期は非公表。当該者は最初の退院後、外出は最小限にとどめ、県外への移動や県外者との接触はなかった。現在まで無症状という。
 記者会見した県疾病対策課の後藤幹生課長は「最初の入院時に治療や本人の免疫力でウイルスが死滅したと考える。行動履歴から新しくウイルスをもらった可能性は低く、症状もぶり返していない」と説明した。県は濃厚接触者の有無を確認しているが「韓国の事例では再陽性者の周りで新たに感染したケースは報告されていないようだ」とも話した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト