静岡新聞NEWS

PCRセンター21日開設 静岡市葵区、車上検査の実演公開

(2020/5/19 12:29)
公開されたドライブスルー方式のPCR検査のデモンストレーション=19日午前9時すぎ、静岡市葵区
公開されたドライブスルー方式のPCR検査のデモンストレーション=19日午前9時すぎ、静岡市葵区

 静岡市は19日、新型コロナウイルス感染者のさらなる拡大に備えて同市葵区に21日に開設予定のPCRセンターで、検体採取の実演を報道向けに公開した。市職員が患者役を務め、医師らが検体を採取した。
 同センターはドライブスルー方式を採用。診療所の医師が必要と判断した場合に限り、完全予約制で検査が受けられる。対象は原則、軽症者。患者は車内から出ずに検体を採取され、数日以内に結果が判明するという。静岡医師会が協力し、医師や看護師らが検体採取や誘導をする。19日は防護服やフェースシールドを身に着けた医師らがテントの下で、車に乗った患者役の市職員にパネルを見せながら手順を解説した後、鼻から検体を取る方法などを実演した。
 市は14日、同市駿河、清水両区に1カ所ずつ同じ方式のPCRセンターを開設し、18日までに計9人が検査を受けたという。葵区を含め、どのセンターも1日に最大20人の検体を採取できる。3カ所とも場所や連絡先は非公開。山本哲生市保健衛生医療課長は「不安払拭(ふっしょく)と陽性患者の早期治療につなげたい」と話した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿