静岡新聞NEWS

地域包括ケア推進へ 高齢化見据え先進事例学ぶ 下田

(2019/12/31 07:29)
基調講演する秋山名誉教授=下田市民文化会館
基調講演する秋山名誉教授=下田市民文化会館

 静岡県はこのほど、地域包括ケアに市町や民間事業者、市民団体が共に取り組むための「マッチング会」を下田市民文化会館で開いた。約50人が参加し、先進事例などを学んだ。
 県内4カ所で開かれ、浜松に次いで2回目。東大の秋山弘子名誉教授が「長寿社会に生きる」と題して基調講演した。秋山名誉教授は、高齢化が進む社会では、地域包括ケアの担い手として産官学それぞれをつなげる事業の重要性を指摘。「人生100年時代に対応した社会のつくり直しが必要。その中では、元気なシニアが地域包括ケアの担い手になることが大切」と強調した。
 千葉県柏市の担当者が介護予防などの先進事例を紹介した他、南伊豆町の担当者が高齢化が進む中で、町で必要になっているサービスについて発表した。
 交通弱者を対象にしたオンデマンド交通など、福祉に関わるサービスを展開する5事業者も取り組んでいる事業について説明した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト