静岡新聞NEWS

静岡の3特養、閉鎖検討 運営法人「経営難」と説明

(2019/9/26 07:19)
経営難が明らかになった特別養護老人ホーム「えん」=25日、静岡市清水区三保
経営難が明らかになった特別養護老人ホーム「えん」=25日、静岡市清水区三保

 社会福祉法人ライト(愛知県岡崎市)が静岡市内で運営している三つの特別養護老人ホームの閉鎖を検討していることが25日、関係者への取材で分かった。法人が同日、市内2カ所で説明会を開き、利用者の家族や職員らに伝えた。出席者によると、「経営難」を理由に挙げたものの、説明は曖昧だったという。家族から「急に転居先を探すことは難しい」と戸惑いの声が上がり、職員からは給料の未払いなどを危惧する訴えがあった。
 関係者によると、閉鎖の可能性が示されたのは「えん」(清水区三保、定員100人)、「ゆめ」(葵区羽鳥本町、同36人)、「ひかり」(同区羽鳥、同24人)の3施設。説明会で法人側は、介護人材の確保が難しく、入所者の受け入れに制限が生じたと話したという。閉鎖の時期など具体的な見通しは示さなかった。
 清水区での説明会に参加した60代男性は「長い目で見れば親を預けられない。(法人は)何とかすると言ったが、信用できない」と懸念。葵区で説明を聞いた70代女性は「明確な説明がなく、いつつぶれるか分からないのは不安」と語り、40代女性も「新しい施設を探す」と口にした。
 同法人を巡っては2017年、三重県津市で運営していた保育園について経営難で閉園する方針を突然示し、他の社会福祉法人が引き継いだ経緯がある。
 法人側は取材に「現時点でコメントできない」としている。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト