静岡新聞NEWS

がん征圧月間合わせ、ミニセミナー 磐田市立総合病院

(2019/9/8 09:04)
ミニセミナーで講演する笹田健診センター長=磐田市大久保の市立総合病院
ミニセミナーで講演する笹田健診センター長=磐田市大久保の市立総合病院

 磐田市立総合病院は5日、がんに関する知識を普及する9月のがん征圧月間に合わせ、医療関係者が講演するミニセミナーを同院でスタートした。26日まで4回講座。
 セミナーのテーマは「がんと共に生活する」。初回は健診センター長で消化器内科部長の笹田雄三医師が講師を務めた。笹田センター長は胃がんや大腸がん、膵がんなどのリスク要因を説明した上で、病気の早期発見につながる健診の重要性を説いた。がんになりにくい生活のポイントとして、野菜を多くとり、適度な運動を心掛けることを挙げた。
 12、19、26日は緩和医療科医師、医療ソーシャルワーカー、薬剤師がそれぞれ講演する。無料。いずれも午後2時半から30分間。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト