静岡新聞NEWS

最新の再生医療解説 静岡で関節症治療セミナー

(2019/8/19 08:39)
再生医療による変形性膝関節症の治療法を解説した健康セミナー=静岡市駿河区のグランシップ
再生医療による変形性膝関節症の治療法を解説した健康セミナー=静岡市駿河区のグランシップ

 R&Oリハビリ病院グループ(静岡市葵区)は18日、健康セミナー「手術することなく“肘”や“膝”関節の痛みの軽減!」を同市駿河区のグランシップで開いた。静岡リウマチ整形外科リハビリ病院の松山賢哉副院長らが、最新の再生医療を用いた変形性膝関節症の治療法などを紹介した。
 松山副院長は、変形性膝関節症の治療法として昨年8月に国内で治療が始まった再生医療「APS療法」について解説した。患者自身から採取した血液成分を注射して関節の炎症を抑える治療について、同病院の症例などを説明した。松山副院長は「人工関節などの手術をせずに炎症を抑え、痛みを軽減できる」と話した。
 セミナーではスポーツ選手の膝や肘の治療にも使われている再生医療「PRP療法」も紹介したほか、J1清水エスパルスの石毛秀樹選手を招いたトークショーも行った。約320人が聴講した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト