東京、2月も1万人超感染 小池知事、再増加の兆しを懸念

 東京都は28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに329人報告されたと発表した。2月の都内は計1万997人となり、昨年12月から3カ月連続で1万人を超えたが、月ごとの最多だった今年1月の4万367人からは約4分の1の水準に減少した。感染者の累計は11万1676人。80代と90代の男女6人の死亡も判明し、死者の累計は1376人となった。

東京・上野公園で、見頃を迎えた早咲きの桜の下を歩くマスク姿の人たち=28日午後
東京・上野公園で、見頃を迎えた早咲きの桜の下を歩くマスク姿の人たち=28日午後
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
東京・上野公園で、見頃を迎えた早咲きの桜の下を歩くマスク姿の人たち=28日午後
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 前週の日曜日だった21日の272人からは50人以上増加。小池百合子知事は都庁で報道陣の取材に「下げ止まりどころか、残念ながら増えている。今必要なのはとことん徹底して人流を抑えていくことだ」と述べた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0