小林化工、116日間の業務停止 過去最長、福井県が命令

 福井県あわら市のジェネリック医薬品(後発薬)メーカー「小林化工」が製造する爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入した問題で、福井県は9日、医薬品医療機器法に基づき同社に116日間の業務停止命令を出した。10日から6月5日まで。製薬会社に対する行政処分としては過去最長となる。

福井県の担当者(左)から業務停止の命令を受け取る小林化工の小林広幸社長=9日午後、福井県庁
福井県の担当者(左)から業務停止の命令を受け取る小林化工の小林広幸社長=9日午後、福井県庁
小林化工の本社=福井県あわら市
小林化工の本社=福井県あわら市
福井県の担当者(左)から業務停止の命令を受け取る小林化工の小林広幸社長=9日午後、福井県庁
小林化工の本社=福井県あわら市

 経営陣が法令違反を黙認していたことが分かり、県は最大の問題だと指摘。国の承認制度を軽視したずさんな医薬品製造を組織的に行い、深刻な健康被害を引き起こした同社の責任は重いと判断した。命に直結する医薬品の製造に当たり、特に厳密な品質管理や法令順守の重要性を示した形だ。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0