カエルの遺伝子で神経再生 脊髄損傷の機能改善、名古屋大

 カエルのオタマジャクシの神経が再生する際に活発に働く遺伝子を、マウスの損傷した脊髄に導入し、運動機能の一部を回復させることができたと、名古屋大などのチームが3日付の国際科学誌に発表した。神経細胞のもとになる「神経幹細胞」で遺伝子が働き、再生が促された。

カエルの遺伝子を使いマウスの神経を再生する実験
カエルの遺伝子を使いマウスの神経を再生する実験

 夏目敦至准教授(脳神経外科)は「生物が元々持っている神経幹細胞を利用して再生させる方法は珍しい。脊髄損傷の新たな治療法となるかもしれない」と話している。
 再生した神経細胞が、他の神経とつながることも確認。まひした後ろ脚を時々動かせるようになった。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0