山伏トレイルツアー(松崎町) 森林古道、MTBで満喫

 マウンテンバイク(MTB)で大自然を満喫できる松崎町の「山伏トレイルツアー」が人気を集めている。昨年は子どもから大人まで1300人以上が体験。町を代表する山の観光アクティビティとなり、リピーターも増えている。

大自然を満喫しながらマウンテンバイクコースを楽しむ福井隆史さん(左)と渚月君(中央)=10月下旬、松崎町
大自然を満喫しながらマウンテンバイクコースを楽しむ福井隆史さん(左)と渚月君(中央)=10月下旬、松崎町
宿泊施設「ロッジモンド」
宿泊施設「ロッジモンド」
大自然を満喫しながらマウンテンバイクコースを楽しむ福井隆史さん(左)と渚月君(中央)=10月下旬、松崎町
宿泊施設「ロッジモンド」

 ツアーを提供する「ベーストレス」の松本潤一郎代表が「森林や古道を年中楽しめる観光資源に生かせないか」とコース整備を始めたのは約6年半前。行政や地権者らと交渉を重ねながら倒木を切り開き、これまで初級から上級までの7コースを整備した。
 西伊豆地域は冬場でも気候が温暖なため、12月でもレースが可能。全国から愛好家らが集まる。
 ツアーの人気の秘訣(ひけつ)は、満足感を最大限に得られるようにスタッフが個人の技量や経験に応じてコースプランを提案。初心者向けにMTBの用具貸し出しや基礎運転レッスンもあるため、誰でもコースを楽しむことができる。
 秋晴れの10月下旬、ツアー初挑戦の静岡市葵区の福井隆史さん(41)と長男渚月君(11)親子が起伏に富んだコースを駆け抜けていた。途中、同行するスタッフがコースの特徴や攻略方法などを解説。山を下り、町中をゆっくり巡りながら港に到着すればゴールだ。渚月君は「最初は運転に不安もあったが、慣れてくるとスピードも出せる。正面から受ける風が爽快」と満足げ。福井さんも「レッスンも分かりやすく、家族連れで楽しめる」と太鼓判を押す。
 松本代表は「伊豆のメインレジャーである海だけでなく今後もMTBを通じて、新たな森林観光を生み出していきたい」と意気込む。
 
 ■おすすめ 宿泊施設ロッジモンド
 マウンテンバイクツアーを提供するベーストレスは7月、西伊豆町仁科に宿泊施設「ロッジモンド」をオープンしました。室内の壁や机はコース整備した際に伐採した木を活用。客室は和・洋室の計7部屋。同社ホームページには、グルメなど町の情報が満載です。(松本潤一郎ベーストレス代表取締役)

いい茶0
メールマガジンを受信する >