静岡新聞NEWS

「地域の先生」学習手助け 島田の公民館で寺子屋 小中生を指導

(2020/12/27 12:00)
講師に質問しながら、テキストの問題に取り組む生徒ら=島田市の初倉公民館
講師に質問しながら、テキストの問題に取り組む生徒ら=島田市の初倉公民館

 島田市の初倉公民館で26日、同地区の中学生と初倉小6年生を対象とした学習会「しまだはつくら寺子屋」が開かれた。地域の学習支援員や大学生、高校生らが講師を務め、児童生徒が自ら進めている学習を手助けした。
 同会は通常、毎週水曜日に地元の小学生を対象に開催している。今回は冬休みを利用して、中学生にも対象を広げた限定の学習会で4回目を迎えた。
 生徒らはテキストを持参し、分からない部分を質問しながら問題に取り組んだ。コーディネーターの西田正鋭さん(64)は「下級生のために、多くの上級生が参加してくれている。学びの循環が地区内で生まれつつある」と手応えを語る。
 この日は「はつくら子ども食堂」も同時開催され、生徒らは勉強に取り組んだ仲間たちと食堂に移動し、できたてのご飯をほおばった。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿