静岡新聞NEWS

動作分析の新アプリ提案 富士市立高、元J1清水・谷川さん助言

(2020/11/25 09:25)
谷川さんに新アプリのアイデアをプレゼンする生徒=富士市の市立高
谷川さんに新アプリのアイデアをプレゼンする生徒=富士市の市立高

 富士市立高スポーツ探究科1年生が24日、試合や動作の分析に役立つ新アプリ案を同校でプレゼンテーションした。J1清水元選手で、IT企業「グライダーアソシエイツ」営業部長の谷川烈さんが助言した。
 スポーツ概論の一環で、映像などのフィードバック情報活用を目的に新アプリを研究。部活やポジション別に11グループに分かれて検討し、選抜された4組が発表した。
 野球部の5人が提案した「パーフェクト・ベースボール」は、バットの軌道が残像で表示されるアイデア。ゴルフの類似アプリも説明し、「自分の癖を把握し、ベストスイングを目指せる」とPRした。谷川さんは「競技人口や高校球児の数など示すとビジネスの規模が分かる」などと話し、課題の明確化などの改善点や広告の有無の検討を指摘した。
 陸上部は風向風速計測や足跡を表示するアプリを提案。サッカー部は人工知能(AI)で個人の動きを判定し、類似選手を表示するアプリを提案した。
 プレゼンは谷川さんと同校の高林佑樹教諭がジュニアユース時代の仲間で実現した。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿