静岡新聞NEWS

駿河総合高の絶品、全国優勝 うまいもん甲子園、静岡県勢初

(2020/11/21 11:10)
地元食材をふんだんに使用した「駿河メレンゲシフォン」
地元食材をふんだんに使用した「駿河メレンゲシフォン」
伊藤教諭に優勝を報告する(右から)稲葉さん、黒岩さん=静岡市駿河区の駿河総合高
伊藤教諭に優勝を報告する(右から)稲葉さん、黒岩さん=静岡市駿河区の駿河総合高

 全国の高校生が地元食材を使ったアイデア料理を競う大会「第9回ご当地!絶品うまいもん甲子園」の決勝大会で、駿河総合高(静岡市駿河区)家庭部2年の稲葉夏希さん、黒岩蒼さんが考案した「駿河メレンゲシフォン」が優勝した。県勢で初めて全国の頂点に立つ快挙に2人は「静岡の食材の魅力を発信できた」と喜びを語った。
 駿河メレンゲシフォンは、トマトペーストを基にしたスポンジで具を挟み、メレンゲを塗って焼いた一品で、トマトやワサビ、牛肉などは地元食材。スイーツのような見た目だが、しっかりとした味付けや食べ応えがある点が評価された。2人は部活動で菓子作りに取り組んでいて、稲葉さんは「日々の経験がメニュー開発に生きた。斬新な料理と思ってもらえた」と話す。
 決勝大会で放映したメニューをPRする5分間の動画では、農家を訪れた場面を盛り込むなど、ストーリー性を取り入れた。黒岩さんは「メニューが完成するまでの苦労や思い入れを表現できた」と胸を張った。2人を指導する伊藤友合子教諭は「多くの支援のおかげで結果を出せた」と笑顔を見せた。
 静岡県勢では、伊豆総合高が前回大会で全国準優勝になっている。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿