静岡新聞NEWS

ラスト演奏会へ練習に熱 磐田Jr.マーチングバンド

(2020/11/17 09:50)
本番に向けて練習する磐田Jr.マーチングバンドのメンバー=磐田市立豊岡南小
本番に向けて練習する磐田Jr.マーチングバンドのメンバー=磐田市立豊岡南小

 磐田市内の小学生でつくる「磐田Jr.(ジュニア)マーチングバンド」が21日、同市中泉のJR磐田駅北口広場で演奏会を開く。コロナ禍の本年度は有観客の演奏ステージが中止になり、近く卒団する6年生を含む現メンバーでは“最初で最後”の演奏披露の場になる。動画審査で先日行われた東海大会(日本マーチングバンド協会東海支部主催)で金賞を受賞した音色を街なかに響かせようと、練習を繰り広げている。
 メンバーは市内14校の4~6年生68人。感染拡大で休校になった3~6月は、指導者とメンバーをネットでつなぎ、リモート練習した。7月から再開した週1回の練習も感染防止対策を徹底して進め、今回は「成果を一度でも披露する場を」と指導者と市文化振興課が検討し、開催を決めた。
 演奏会は午後2時から30分間。ドボルザークの「新世界より」や「パプリカ」、ジャズトランペット奏者を迎えた「しっぺい」テーマソングのジャズバージョンなど5曲。部長としてメンバーをまとめる市立豊岡南小6年加藤優騎さんは「リモート練習の期間があったからこそ、例年とは違う団結力が生まれている。最後の舞台。楽しく演奏したい」と意気込んだ。
 マーチングバンドの活動は17年目で、卒団する6年生は21人。音楽監督の吉田崇さんは「演奏を通じて現在低学年の未来の団員にもPRしたい」と話す。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿