静岡新聞NEWS

「魚国」製品販売 焼津水産高、20日から「さかなセンター」で

(2020/11/15 09:42)
チラシを手に販売会への来場を呼び掛ける魚国取締役の生徒=焼津市の焼津水産高
チラシを手に販売会への来場を呼び掛ける魚国取締役の生徒=焼津市の焼津水産高

 焼津水産高の生徒が運営する模擬会社「フィッシュパラダイス魚国(うおこく)」は20、21日、マグロの油漬け缶詰など実習製品の販売会を焼津市八楠の焼津さかなセンターで開く。会場で密集状態になることを防ぐため、市内の新聞販売店で事前に、セット商品購入に必要なチケットを配る。
 魚国の販売会には毎年、多くの来客がある。新型コロナウイルス感染症対策が必要な今年は塩川新聞舗、長倉新聞店、薮崎新聞店、土井新聞店の各社が協力し、各店で事前に計300枚のチケットを配る。希望者はチケットを持って魚国の販売会を訪れ、チケットと代金を渡して商品を購入する。セット商品はマグロの油漬け缶詰やノリの瓶詰など6個入り千円(税込み)とお買い得。このほか、直接来場者向けにも数量限定で実習製品を販売する。
 第17代社長役の流通情報科3年生池谷実優さん(18)は「コロナ禍でも販売会をできることに感謝し、感染症対策に気を付けながらたくさん販売したい」と意気込みを語った。
 チケットについては、各新聞販売店が新聞折り込みにチラシを入れて詳しく案内する。
 

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿