静岡新聞NEWS

日詰氏信頼を強調 両学長、合意尊重求める【静大・浜医大再編】

(2020/10/29 11:45)
「浜松地区大学再編・地域未来創造会議」の初会合で統合再編などに対する考えを述べる静岡大の石井潔学長(手前左)と浜松医科大の今野弘之学長(同右)=28日午前、浜松市役所
「浜松地区大学再編・地域未来創造会議」の初会合で統合再編などに対する考えを述べる静岡大の石井潔学長(手前左)と浜松医科大の今野弘之学長(同右)=28日午前、浜松市役所

 浜松市役所で28日、開かれた「浜松地区大学再編・地域未来創造会議」の初会合は、静岡大と浜松医科大の法人統合・大学再編を巡り、座長の鈴木康友市長が実現に向けて“オール浜松”で取り組む考えを示した。静岡大の石井潔、浜松医科大の今野弘之両学長は、静岡大の次期学長日詰一幸人文社会科学部長への信頼感を強調しつつ、両大による統合・再編の合意を尊重するよう注文を付けた。
 石井氏は統合・再編に慎重な立場とされる日詰氏が「学長選考会議との間で合意を尊重すると約束されたのは、われわれの組織にとって大きな意義がある」と評価。「日詰氏は大変ジェントルマン(紳士的)な方。一時しのぎで約束をするタイプではない」とも述べ、学長就任後の方針転換にくぎを刺した。
 今野氏は会議終了後の記者団の取材に、「日詰氏の人となりを私なりに理解し、信頼関係をつくりたい」として、トップ同士の直接対話に意欲を示した。
 統合再編については「あと一歩のところまで来ている。この努力を無駄にすることはできない」と訴え、「再編統合に向けて粛々と進める」と強調した。
 会合では出席した同市の経済、医療、議会の代表者らから、再編後の浜松地区の大学を核に医療と工学、情報分野を融合した産業創出、優秀な人材の確保などに期待の声が相次いだ。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿