静岡新聞NEWS

実学の魅力をCMでPR 島田工高生、静岡県内5校を取材、撮影

(2020/10/26 09:30)
完成したCMを確認する生徒=島田市の島田工業高
完成したCMを確認する生徒=島田市の島田工業高

 静岡県内の実学系高校が学習成果を発表する「ふじのくに実学チャレンジフェスタ」(県教委主催)が新型コロナウイルスの影響で11月2日からウェブ開催されるのに合わせ、島田工業高情報技術科の生徒がCMを制作した。「コロナ禍で頑張る高校生の姿を伝えたい」(同校)と実習風景やインタビューを交えた3本が完成し、専用サイトで公開される。
 放送技術班番組コンテンツ制作部の7人が県中部の5校に出向いて取材や撮影を行った。完成したのは15秒CM2本と30秒CM1本。30秒CMではさまざまな分野で夢を追う高校生たちが登場し「設計士になる」「動物看護師を目指す」などと宣言する。ナレーションも生徒自身が行い、限られた時間内でインパクトのある表現を意識したという。
 ディレクターを務めた井上洸貴さん(3年)は「各学校の専門的な授業を知って驚いた。CMを通じて各学校に興味を持ってもらいたい」と話した。
 同フェスタは農業、工業、商業など実学系の高校が一堂に会するPRの場として開催してきた。ことしは会場開催を中止し、2日から年度末まで公開する専用サイトに計36校の動画75本を掲載する。CMはトップページで見ることができる。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿