静岡新聞NEWS

「リモート修学旅行」で関西へ 長泉北中、教諭ら企画

(2020/10/16 10:00)
和菓子作りに取り組む生徒。オンラインで京都の職人から指導を受けた=15日午前、長泉北中
和菓子作りに取り組む生徒。オンラインで京都の職人から指導を受けた=15日午前、長泉北中

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止になった修学旅行を生徒たちにオンライン上で楽しんでもらおうと、長泉北中が15日、「リモート修学旅行」を行った。3年生約190人が訪れるはずだった京都・奈良の観光地とインターネットでつながり、生徒たちは学校にいながら、文化施設を見学したり、伝統文化を体験したりして友人との思い出作りに励んだ。県義務教育課によると、リモート修学旅行を実施した県内の中学校は珍しい。
 “関西旅行”のオープニングには吉本興業のお笑い芸人が登場。和菓子作り体験では、京都の職人から画面越しに指導を受け、白やピンクのあんでキクとサクラをかたどった練り切り作りに挑んだ。寺社仏閣にまつわるクイズ大会もあり、生徒たちは事前に学んだ知識を生かして班で協力しながら回答。薬師寺(奈良市)の僧侶による説法も聞いた。
 女子生徒(14)は「お坊さんの話は、さすが関西人というほど面白かった」と満足げ。別の女子生徒(15)は「修学旅行が中止になったのは残念だったけど、珍しい体験ができた」と話した。
 同校では修学旅行に向けて2年時から、京都と奈良の歴史や日本の伝統文化を学んできたが、コロナ禍で中止に。リモート旅行は、寂しい思いをしている生徒たちの姿を目の当たりにした担当教諭らが何とかして修学旅行を実現させてあげたいとアイデアを出し合い、旅行会社と相談を重ねて企画したという。
 学年主任の佐野慎吾教諭は「生徒が学んできたことを生かせる行事にしたかった。少しでも良い思い出にばれば」と思いやった。
 町教委の担当者は「生徒の思いをくんだ取り組み。他の学校の参考にもなると思う」と話した。

 ■目的地変更や日帰りで代替 長泉公立小中
 長泉町は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、町立小学校3校の修学旅行については行き先を変更して実施する一方、中学校2校は中止を決めた。
 長泉北中と長泉中が予定していた訪問先はいずれも京都・奈良。町教委によると、現地の感染状況などを考慮して判断したという。これに対し、小学校は目的地を当初の東京から栃木県日光市(長泉小)、長野県(長泉南小)、浜松市(長泉北小)に切り替えた。
 修学旅行の代替として長泉北中は、クラスごとに伊豆や山梨県への日帰り旅行を行う。長泉中も代替旅行の実施に向け、日程や行き先を検討している。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿