静岡新聞NEWS

高校応援団、全国に元気を 演技を動画で発信、静岡県内外の生徒発表の場に

(2020/7/31 10:07)
「虹色エール・プロジェクト」に応募する動画を撮影する静岡商業高応援団部の部員たち=静岡市葵区
「虹色エール・プロジェクト」に応募する動画を撮影する静岡商業高応援団部の部員たち=静岡市葵区

 静岡市を中心とした高校応援団OB有志らでつくる高等学校応援団フェスティバル実行委員会が7月から、オンライン上の企画「虹色エール・プロジェクト」を本格始動させている。静岡県内外の高校の応援団やチアリーダーの応援パフォーマンスを動画で発信し、新型コロナウイルスの影響で雰囲気が沈んでいる全国に元気を届ける。
 6月に市内で開催予定だった同フェスティバル(静岡新聞社・静岡放送共催)は、新型コロナ感染拡大防止のために現在は延期の状態。プロジェクトは応援団の発表の場を確保する狙いもあり、全国の高校から応募があった10分程度の動画を動画投稿サイト「ユーチューブ」の特設チャンネルで順次公開する。
 静岡商業高(同市葵区)の応援団部は30日、応募用動画を同校で撮影した。部員14人は全員女子生徒。巨大な団旗を振るパフォーマンスを取り入れながら、力強く校歌を歌い上げた。引退を控えた3年生の望月凜部長(18)は「今年はコロナの影響で活躍の場がなかった。発表の機会がもらえてうれしい」と笑顔をみせた。
 実行委は応援団の動画を募集中。応募の問い合わせは実行委事務局<電090(1299)7456>へ。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿