静岡新聞NEWS

小学生「お茶博士」認定 茶どころ藤枝発信へ

(2020/7/5 09:43)
茶のおいしい入れ方を学ぶ児童=藤枝市役所
茶のおいしい入れ方を学ぶ児童=藤枝市役所

 藤枝市は4日、小学生を対象にした「藤枝ジュニアお茶博士」の認定講座を市役所で開いた。市内の小学5、6年生約40人が茶の入れ方や歴史などを学び、今後はイベントで呈茶などに取り組む。
 幼い頃から茶の知識を育み、茶どころ藤枝の魅力を発信してもらうことが目的。日本茶インストラクター志太支部のメンバーが講師を務め、児童は産地の歴史や茶器の扱い方などを教わった。実際に「藤枝めぐみ」を使って茶のおいしい入れ方を学んだ。朝比奈玉露の入れ方の説明も受けた。良質な茶の扱い方を学んだ中高生でつくる「藤枝茶楽研究部」のメンバーもサポートし、参加者全員が博士に認定された。
 市立高洲小5年の女子児童(10)は「自分で入れたお茶もおいしかったけれど、高校生の先輩が入れてくれたお茶はもっとおいしかった。上手になっておばあちゃんや家族に振る舞いたい」と話した。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿