静岡新聞NEWS

医師がオンライン授業 富士・富士宮小中学生に、新型コロナ解説

(2020/5/29 15:30)
命に関するオンライン授業を展開した北西院長=富士市の北西医院
命に関するオンライン授業を展開した北西院長=富士市の北西医院

 富士市の「トータルファミリーケア北西医院」の北西史直院長が27日、富士、富士宮両市の小中学生を対象に、会議アプリを使ったオンライン授業を行った。命について意見交換し、医療を支えるさまざまな職種などについて解説した。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校が長期化する中、公立校で導入が遅れるオンライン授業の普及や子どもが会話できる場の提供を目指して5月中に3回企画した。
 授業は、関心が高まる新型コロナや人体、免疫機能などの正しい知識を解説する医師ならではの内容で各回約20人が参加した。
 最終回の27日は、北西さんが診療した40代女性が自宅で最期を迎えた様子を振り返り、命の尊厳について考えた。参加者と意見交換しながら地域の医療を担う職種やチーム医療についても紹介した。北西さんは「感染症拡大で起きる差別やいじめなどに気付いたら、大人に相談して」と呼び掛けた。
 北西さんは「感染の第2波、第3波に備え、教育の空白を作らない環境づくりが必要」と話し、今後、夏休みなどに授業の実施を検討する。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿