静岡新聞NEWS

授業、通常通り開始へ 静岡県立高・特別支援学校

(2020/3/27 08:05)

 静岡県教委は26日の県新型コロナウイルス感染症対策本部の第4回本部員会議で、新学期の県立高と特別支援学校の授業再開について、こまめな換気などの感染症対策を取りながら通常通りに行う方針を明らかにした。入学式は卒業式同様に規模を縮小し、始業式は中止する。8月までに予定していた学校行事は、当面の措置として中止か9月以降への延期とする。
 春休み中は原則、自粛していた部活動は4月以降、▽体育館の窓を開放▽練習内容の変更▽部室の利用を避ける▽大人数で教室を使わない―などの対策を徹底することを条件に認める。近隣校間の練習試合は可能だが、合宿や県外遠征は引き続き自粛する方針。
 入学式の日程や開催方法は、各校のウェブサイトなどを通じ生徒らに通知する。
 特別支援学校は登校前の検温や校内での健康観察、教員のマスク着用、手指消毒などを徹底する。密集状態を避けるため、給食の際は一教室内の人数を調整し、通学は可能な限り保護者に個別の送迎を依頼する。
 県内では現時点で、感染拡大が確認されていないことなどを踏まえ、一連の再開方針を決めた。文部科学省の方針を基に、各学校に「密閉」「密集」「密接」の3条件を避ける対策の徹底を求めた。今後、県内で感染が拡大した場合は、専門家会議などと連携して臨時休校の必要性を判断する。

 【静岡県立学校の新学期対応方針】
 ●入学式 感染対策を取り規模を縮小して挙行
 ●始業式 中止
 ●授業 健康観察や換気をしながら再開▽休校期間の未履修分は補習授業などで対応▽感染者、濃厚接触者に加え風邪症状の欠席も出席停止扱い
 ●学校行事 8月までの予定は中止または延期
 ●部活動 対策を徹底し再開。校内練習や近隣校との練習試合は可。合宿や県外遠征は自粛

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト