静岡新聞NEWS

教職員の人事異動発表 2019年度末、静岡県教委など

(2020/3/19 19:00)

 静岡県教委は19日、2019年度末の人事異動を発表した。魅力ある授業づくりや学びを支える学校づくりの推進に向け、若手や女性の管理職登用を促進する。新学習指導要領による小学校の英語教育完全実施を見据えた教員配置を行い、事務局に学校改革担当の教育部参事を新設する。静岡、浜松両市教委も同日、人事異動を発表した。発令は4月1日。
 高校長級は、静岡商に金親徳行沼津商校長、静岡農に松下勝也富岳館校長、科学技術に松村照司島田工校長、沼津西に小川伸吾三島南校長、浜松湖南に牧田恵池新田校長、池新田に佐野文子総合教育センター総合支援部長を充てた。
 事務局は教育部長に長沢由哉教育部理事(総括担当)を充て、新設した学校改革担当の教育部参事には塩崎克幸総合教育センター所長が再任用で就任する。同センター所長には小関雅司高校教育課指導監を充てた。静西教育事務所長には青嶋幸弘同センター専門支援部長を起用する。
 県教委の異動対象者は事務局が223人(前年度比6人減)、小学校1726人(同39人減)、中学校1123人(同71人増)、高校973人(同53人減)、特別支援学校502人(同16人増)で、合計4547人(同11人減)の規模となった。
 

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト