静岡新聞NEWS

コロナに負けず門出の日 静岡県内小中校、卒業式

(2020/3/18 12:40)
在校生の送辞を聞き入るマスク姿の卒業生=18日午前10時ごろ、沼津市立片浜中
在校生の送辞を聞き入るマスク姿の卒業生=18日午前10時ごろ、沼津市立片浜中

 新型コロナウイルス感染症への警戒が続く中、静岡県内の多くの公立小中学校で18日、2019年度の卒業式が行われた。各校は感染予防のため、出席者を絞ったり、式典内容を簡素化したりする対策を講じながらも、教員や在校生の代表らが心を込めて卒業生の門出を祝った。
 市内で感染者が確認され、中止を決めた袋井市と隣接の森町を除き、19日までに全市町で挙行される。修了式は中止した市町も一部あるが、多くは18、19日のいずれかに行う。
 公立小中学校は政府の要請を受け、3月上旬から臨時休校に入ったため、卒業式の準備時間が限られた学校が多かった。16日に登校を再開した市町以外でも、感染症の拡大状況を見ながら、学校ごとに準備のための登校日を設けるなどして当日を迎えた。
 静岡県内の公立学校は高校や特別支援学校を含め、遅くとも20日までには春休み期間に入る。県教委は政府の専門家会議が19日をめどに示す新たな見解を踏まえて新年度の対応を決め、小中学校を管轄する市町教委に伝える方針。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト