静岡新聞NEWS

ヤマハ発動機、社内に臨時保育所 18日から3月末まで

(2020/3/18 07:48)

 ヤマハ発動機は18日から、新型コロナウイルス感染拡大に伴う急な休校、休園などで子供の預け先が困難になった従業員に対し、社内に臨時の保育所を設けて受け入れを図る。月末までの措置。
 全国的な小学校などの休校に加え、県内2例目の感染者が出た袋井市では、発覚以降、公立幼稚園や保育所、放課後児童クラブなどが一時一斉休園・休所した。両親が共働きで、子供の居場所を確保できない従業員をサポートする。既存の企業内保育所はあるが、スペースも限られていることから新たな設置を決めた。試験的な運用で費用は会社側が負担する。
 対象は満4歳以上12歳未満(4月1日時点)。設置場所は同市新貝の本社の敷地内にある労働会館内の会議室を活用する。保護者が出社する午前7時半~9時に預け、午後4時~6時に迎えに来てもらう。保育資格者が派遣で常駐し、敷地周辺に立地する自社関連の体育館で体を動かす時間も設ける。
 同社は「利用ニーズを踏まえて体制を整備する」としている。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト