静岡新聞NEWS

伊豆の国、浜松みをつくし 県教委、21年開校の特支校名案発表

(2020/3/17 13:00)

 静岡県教委はこのほど、2021年4月に開校予定の県立特別支援学校2校の校名案を発表した。伊豆の国市の東部特別支援学校の移転跡地に整備中の学校が「県立伊豆の国特別支援学校」、浜松市北区の旧気賀高を改修して建設中の学校が「県立浜松みをつくし特別支援学校」。18日の県議会2月定例会で条例改正案の議決を経て正式決定する。
 2校とも知的障害児が対象で、児童生徒数の増加への対応や通学負担軽減のため、小学部から高等部までを設ける。伊豆の国特別支援学校の学区は三島、伊豆の国、伊豆の3市、函南町と沼津市の一部で、児童生徒数は約150人。浜松みをつくし特別支援学校は、浜松市北区全域を中心に同市内から約230人を受け入れる。
 校名案は昨年11月に公募した。両校とも既に校舎の工事が始まっており、来年度は学校組織や制服、校章などを決める予定。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト