静岡新聞NEWS

久しぶり、おめでとう 静岡県内公立高入試、中学で合否通知

(2020/3/14 08:16)
担任(左)から合格通知書を受け取り握手を交わす生徒=13日午後、静岡市葵区の市立安倍川中
担任(左)から合格通知書を受け取り握手を交わす生徒=13日午後、静岡市葵区の市立安倍川中

 静岡県内公立高の2020年度入学者選抜の合格発表で、新型コロナウイルス感染症対策のため、合格者番号の掲示が中止されたことを受け、県内各地の中学校では13日、受験生への合否通知が行われた。合格者を登校させた学校では、教員から電話やメールで合格の知らせを受けた生徒が、晴れやかな表情で友人らと喜びを分かち合った。
 静岡市立安倍川中では、午後3時ごろに合格者が学校に集合した。感染対策として生徒を武道場に集める例年の手法をやめ、教室で担任が合格通知書を手渡した。臨時休校で友人に会うのが久しぶりの生徒も多かった。
 静岡高と静岡城北高にそれぞれ合格した男子生徒(15)と女子生徒(15)は「勉強を頑張る気持ちが強くなった」「(合格の連絡で)先生の声を聞いた時は安心した。たくさんの友人をつくりたい」と喜んだ。
 合否通知の方法は、各市町教委や学校が生徒数、進路指導の方法などを考慮して判断した。市内で県内2人目の感染者が確認された袋井市では、一つの教室にいる生徒が10人以下になるよう登校時間を区切ったり、生徒間の距離を離したりと、感染対策を徹底して臨んだ。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト