静岡新聞NEWS

静岡県内小中の休校、8市町16日から登校 吉田は延長判断

(2020/3/13 07:26)
臨時休校の登校再開を巡る静岡県内市町の主な動き
臨時休校の登校再開を巡る静岡県内市町の主な動き

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止策で小中学校を臨時休校にしている静岡県内市町のうち、休校期間を15日までとしていた静岡、浜松など8市町が16日の登校再開を決めたことが12日、各市町への取材で分かった。県内の感染者の発生状況や授業の予定などを考慮して判断した。一方、16日に再開予定だった吉田町は「再開に踏み切れる情報がない」として19日までの休校延長を決めた。
 8市町はほかに、御殿場、裾野両市と小山、長泉、清水、川根本の各町。16日に登校再開した後、18日から19日まで3~4日間の登校期間となる。浜松市以外は原則午前のみの登校とする。各校の事情に応じて授業を行ったり、卒業式の準備や年度の振り返りをしたりする。清水町は臨時休校を19日まで延長した上で16~18日を登校日とし、授業日数には含めないと決めた。
 静岡市教委は「不安を抱えている子どもたちの生活リズムを回復させ、人混みを避ける、手洗いを徹底するなど春休みの過ごし方を指導する時間を確保したい」と登校再開の狙いを強調。浜松市教委は市内で感染者が発生していない状況などを踏まえて再開を決めたとした。
 休校延長を決めた吉田町教委は「瀬戸際と言われた期間が経過したが、終息に向かっているとの情報がなく、感染者が出ない確証がない」と説明した。
 静岡県立高と特別支援学校、そのほかの市町は18日または19日まで臨時休校し、春休み期間に入る予定。市町や学校ごとに卒業式や修了式、その準備などに登校日を決めたところもある。いずれも式典の規模を縮小するなどして感染症対策を徹底する方針。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト