静岡新聞NEWS

小中学校のPC1人1台「拙速」 静岡県市長会、不満続出

(2020/2/11 07:31)

 小中学校のICT環境を充実させる政府の「ギガスクール構想」を巡り、静岡市葵区で10日に開かれた県市長会の定例会合で、各市長から「拙速すぎる」「財政負担が大きい」などと批判や不満の声が相次いだ。市の補正予算で関連経費を措置するかどうかを判断するためにも、市長会として4月の次回会合で文部科学省の説明を求めるべきだとの考えで一致した。
 政府はパソコンやタブレットの1人1台配備や、各教室で高速、大容量の通信ができるネットワーク構築を進める方針。補正予算案に2318億円を計上し、県や市町にも環境整備のための予算措置を求めている。
 これに対し、市長会では政府批判が続出。鈴木康友浜松市長は市の5年後の財政負担が30億円に上るとして「国の責任で財政措置を考えてもらえないと大変なことになる」と強調した。染谷絹代島田市長も「市町の負担があまりにも大きい」と述べた。渡部修磐田市長は「国から地方への提案の仕方が最近、荒くなっている」と指摘した。
 県市長会長の斉藤栄熱海市長は「非常に大きな課題。代表して現場の声を伝えたい」と述べ、全国市長会を通じた対応を検討する考えを示した。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト