静岡新聞NEWS

多賀、網代小の統合計画、第一など3校も検討へ 熱海市教委素案

(2020/1/24 07:45)
熱海市教育振興基本計画などの素案を示した市総合教育会議=市役所
熱海市教育振興基本計画などの素案を示した市総合教育会議=市役所

 熱海市教委は23日、市役所で開かれた市総合教育会議で「市教育振興基本計画(教育大綱)」と「学校等施設の適正規模・適正配置計画」の素案を説明した。児童数の減少を踏まえ、2021年度に多賀と網代の両小学校を統合する計画を示した。中期的には第一、桃山、伊豆山の3小学校の統合も検討するとした。
 市内の児童数は1999~2018年度までの20年間に4割以上減少している。素案によると、網代小は21年度に児童数が10人程度まで減ると見込まれることから、児童の教育環境を考え統合が必要と判断した。多賀小は市内で最も規模が大きいため、同市南熱海地域の基幹校として「長期的に維持していく」との見解を示した。
 第一、桃山、伊豆山の3校については今後の児童数の推移を踏まえつつ、25年度ごろから統合を検討していくとした。泉小と泉中は小中一貫教育に向け、義務教育学校への移行を検討する方針を盛り込んだ。
 同基本計画の素案は「熱海らしい特色ある教育の推進」など力を入れる分野を定め、国内外で活躍できる人材の育成やキャリア、情報教育の推進といった施策を掲げた。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト