静岡新聞NEWS

広がる「午前5時間制」 給食前に集中、下校前倒し

(2020/1/12 14:05)
放課後子ども教室でボランティアの地域住民と宿題に取り組む児童。下校時刻が早くなった児童の居場所になっている=2019年12月中旬、浜松市立中郡小
放課後子ども教室でボランティアの地域住民と宿題に取り組む児童。下校時刻が早くなった児童の居場所になっている=2019年12月中旬、浜松市立中郡小
午前4時間制から午前5時間制への移行事例
午前4時間制から午前5時間制への移行事例

 小学校の授業時間数の確保などを理由に、給食の前に5こまの授業を行って下校時刻を前倒しする「午前5時間制」が静岡県内の学校で広がりつつある。2020年度に全面実施される新学習指導要領に基づく授業時間数の増加への対応と教職員の多忙解消が主な目的。実施校は「児童の集中力は午前中の方が高いので効果的」とメリットを挙げる。

 県教委、静岡、浜松両市教委によると、2019年度に午前5時間制を実施している県内の小学校は少なくとも15校。浜松市立中郡小は18年度から午前中5こま(1こま45分間)の午前5時間制を実施している。家庭訪問や教職員の研修で午後に授業ができない場合があり、授業スケジュールを確実にこなすため導入した。
 同校は読書や運動に充てていた始業前の15分間の朝活動を廃止し、4限と5限の業間休みを10分から5分に短縮することで下校時刻は20分早くなった。矢作実教務主任(45)は「午後の執務時間に余裕が生まれ、仕事がはかどると教職員に好評」と働き方改革への効果を語る。
 下校時刻の前倒しに当たり、低学年の保護者の間には「子どもの放課後の居場所がない」と不安の声もあったため、午前5時間制と合わせて放課後子ども教室を新たに開設した。水曜日以外は希望する児童は図書室で1~2時間ほど、ボランティアの地域住民と宿題に取り組んだり将棋などで遊んだりする。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト