静岡新聞NEWS

子どもの絵や立体作品3000点 浜松市美術館、2期に分け展示

(2020/1/5 08:17)
展示された作品の前で記念写真を撮る親子=浜松市中区
展示された作品の前で記念写真を撮る親子=浜松市中区

 「浜松市子どもの市展」(市教委主催)が4日、中区の市美術館で始まった。
 市立の幼稚園や小中学校などの子どもたちが図画工作や美術の授業などで制作した作品約3000点が並ぶ。海に浮かぶコップを家に見立てて中で愉快に暮らす人々や、柄が鉛筆のほうきといった「あったらいいな」をテーマに描いた絵画、「廃材から生まれる美」と題して木片や空き缶を使った立体作品など、子どもの豊かな発想を感じさせる力作が並ぶ。
 初日から多くの家族連れが詰めかけ、子どもを作品の横に立たせ、うれしそうに写真を撮る親や祖父母の姿が見られた。
 展示会は2期制で、1期は9日まで。2期は幼稚園、中学校の作品を入れ替えて11~16日まで開かれる。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト