静岡新聞NEWS

科学の不思議に児童びっくり 静岡科学館、12日まで実験や観察

(2019/8/11 08:57)
液体窒素を使った実験を披露する高校生ら(左)=静岡市駿河区
液体窒素を使った実験を披露する高校生ら(左)=静岡市駿河区

 静岡市駿河区の静岡科学館る・く・るで10日、青少年のための科学の祭典が始まった。中高生や市民グループなど37団体が、実験や観察を通して科学の面白さを紹介する。12日まで。
 初日は、中学・高校の自然科学部など18団体が出展した。藤枝北高科学部は、しゃぼん液に洗濯のりを混ぜると、はずむシャボン玉ができると紹介。清水東高自然科学部化学班は、液体窒素に漬けた花が凍る実験を披露し、子どもたちが順番に体験した。富士市立大淵一小6年の男子児童は「水分を含んでいる花が一瞬で凍ってびっくりした。科学をもっと知りたい」と笑顔を見せた。
 11日も中高生、12日は大学や市民団体が出展する。

教育・子育ての記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト