ベック(静岡市葵区)破産申請へ クラフトビール醸造会社

 クラフトビール醸造や飲食店経営のベック(静岡市葵区)が新型コロナウイルス感染拡大などの影響で事業を停止し、破産申請の準備に入ったことが25日までに分かった。東京商工リサーチ静岡支店によると、負債総額は2020年6月期末時点で約1億4500万円。

 同社は07年創業。14年に静岡市内初のクラフトビール醸造所「アオイブリューイング」を設立したが、新規出店や醸造設備などの先行投資が負担となっていた。資金繰りが逼迫(ひっぱく)する中、コロナの感染拡大に伴う経営環境の悪化が追い打ちを掛けた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0