静岡新聞NEWS

静岡空港12月搭乗74%減 回復傾向で1万人超

(2021/1/20 19:30)
12月の静岡空港利用状況
12月の静岡空港利用状況

 県と富士山静岡空港株式会社(牧之原市)が19日公表した2020年12月の空港利用状況によると、搭乗者数は新型コロナウイルスの影響で国内線の1万5569人のみとなり、前年同月を74・4%(4万5162人)下回った。ただ、20年5月に過去最低の733人に落ち込んで以降は回復傾向にあり、6カ月連続で1万人を超えた。
 新千歳線と沖縄線は年末のみ運航し、北九州線は全便を欠航した。福岡線と出雲線、鹿児島線はほぼ毎日運航し「富士山周遊フライト」などのチャーター便も飛んだが、新型コロナ感染拡大による旅行や帰省の自粛、国の観光支援事業「Go To トラベル」の停止などの影響により国内線の搭乗者数は伸び悩み、前月より2112人減った。
 国際線は昨年3月11日から今年3月25日まで全便欠航となっている。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿