静岡新聞NEWS

三島甘藷で「のっぽパン」 2月商品化へ製造開始

(2020/12/7 09:48)
ペースト状に加工した三島甘藷を袋詰めする作業員=三島市の甲石製餡
ペースト状に加工した三島甘藷を袋詰めする作業員=三島市の甲石製餡

 三島市特産のサツマイモ「三島甘藷(かんしょ)」を原料にしたご当地菓子パン「のっぽパン」の製造がこのほど、始まった。同市の甲石製餡(あん)でサツマイモをペースト状に加工する作業が行われ、2月の商品化に向けた一連の工程が動きだした。
 のっぽパンは沼津市のバンデロールが売り出すロングセラー商品で、今回は三島市やJA三島函南などと新商品の「三島甘藷スイートポテト」を開発した。甲石製餡ではJAが出荷した紅あずまの皮をむき、蒸してミンチでペースト化した後に冷凍する作業までを行った。今後、カスタードクリームを練り込んでパンにはさみ、身近な食材を使った新たな土産物として売り出していく考え。
 商品のパッケージにはマスコットキャラクターの「みしまるくん」「みしまるこちゃん」も登場する。サツマイモの旬に合わせた期間限定のっぽパンとして販売する予定で、甲石雅子社長は「甘み、風味、香りのいずれも良いサツマイモ。おいしい地元土産ができると思う」と話した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿