静岡新聞NEWS

スズキ 小型車「ソリオ」をフルモデルチェンジ 安全性能を向上

(2020/11/25 17:00)
フルモデルチェンジしたスズキ「ソリオ」をオンライン記者会見で紹介する鈴木俊宏社長
フルモデルチェンジしたスズキ「ソリオ」をオンライン記者会見で紹介する鈴木俊宏社長

 スズキは25日、小型車「ソリオ」と「ソリオバンディット」を全面改良し、12月4日に発売すると発表した。フルモデルチェンジは5年3カ月ぶり。安全性能を高め、国内小型車市場での競争力を高める。
 全長を現行より8センチ長い3メートル79センチとし、荷室の長さを10センチ伸ばすなどソリオの長所の優れた居住性と積載性能を拡充させた。全幅は2センチ長い1メートル64センチ、高さは従来通りの1メートル74センチを確保した。モーターでエンジン走行を補助するマイルドハイブリッド(HV)システムを搭載する。
 停止時も含めて前方の車両を自動追従する機能を標準装備。上級機種にはカメラで前方の標識を識別して運転席前のディスプレーにカラー表示する安全機能を追加した。
 鈴木俊宏社長は25日のオンライン記者会見で「コロナ禍の中でも挽回し、本年度は(ソリオを含め)登録車10万台以上の販売を目指す」と意欲を示した。
 価格は税込み158万1800円から。販売目標は月4千台。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿