静岡新聞NEWS

バス自動運転・遠隔監視 東急が伊東、下田で実証実験へ

(2020/11/25 20:00)
東急が自動運転の遠隔操縦の実証実験に使用する車両の同型車両(同社提供)
東急が自動運転の遠隔操縦の実証実験に使用する車両の同型車両(同社提供)

 東急は12月17~25日の9日間、伊東市の伊豆急行伊豆高原駅周辺の公道で、電動小型バスによる自動運転走行の実証実験を行う。同17、18両日は下田市で同社が取り組む実験と連携し、2台の小型バスを1人のオペレーターが同時に遠隔監視する仕組みを国内で初めて検証する。複数都市での自動運転サービス実用化に向けた課題を洗い出す。
 伊東市では、伊豆高原駅と観光エリアを結ぶ約1・4キロのルートで、8人乗りの電動小型バスをオンデマンド運行する。最高速度は時速19キロ。同駅近くに設置したコントロールセンターにオペレーターを配置し、車両周囲の映像を常時監視する。
 歩行者や駐車車両などによる事故リスクをシステムだけで判断・回避できない場合、オペレーターによる遠隔操縦に切り替える。
 同駅と観光エリアに計5カ所の乗降場所を設置し、観光客や住民は無料で利用できる。利用者はスマートフォンで同社のMaaSサービス「Izuko(イズコ)」を使うか、同駅に設置されるテレビ予約システムで乗車申請する。
 自動運転システムは名古屋大、車両は袋井市に研究開発拠点があるタジマEV(東京都板橋区)、遠隔監視・操縦システムはソリトンシステムズ(同新宿区)がそれぞれ提供する。通信は4Gを使うものの、低遅延技術を活用してほぼリアルタイムで操縦できるという。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿