静岡新聞NEWS

中日本高速と天浜線が協定 相互にPR、地域振興

(2020/11/15 18:14)
連携協定を結んだ中日本高速道路浜松保全・サービスセンターの山本所長(左)と天竜浜名湖鉄道の平野常務(右)=浜松市天竜区の天竜浜名湖鉄道本社
連携協定を結んだ中日本高速道路浜松保全・サービスセンターの山本所長(左)と天竜浜名湖鉄道の平野常務(右)=浜松市天竜区の天竜浜名湖鉄道本社

 中日本高速道路東京支社浜松保全・サービスセンター(浜松市浜北区)と天竜浜名湖鉄道(同市天竜区)はこのほど、双方の事業のPRなどに向け連携協定を締結した。第1弾として天浜線と東名高速道の施設で広報画像などを掲示する。沿線が近接する両社の利用客の相互誘導や地域振興を図る。
 同支社が鉄道会社と共同でPRするのは初。掲示物には、地元小中学生が地域の魅力を描いた絵画や企業広報などを採用。天浜線の車両内や浜名湖佐久米駅の駅舎内、東名高速道浜名湖サービスエリア内のトイレ棟などに掲示される。今年中に各施設で張り出され、順次展示内容を変えていく。
 同鉄道本社で開かれた締結式に、同センターの山本隆所長、同鉄道の平野隆広常務ら関係者が出席。山本所長は「高速利用者に地域理解を深めてもらい、魅力発信と観光需要の増加に貢献したい」と強調。平野常務は「沿線駅利用者と高速利用者の相互のつながりが生まれれば」と話した。
 

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿