静岡新聞NEWS

沼津港エリアに飲食店開業 我入道漁協と東京の外食店が提携

(2020/10/31 18:30)
3日にオープンする「まるが水産」のタチウオを使ったメニュー=沼津市千本港町
3日にオープンする「まるが水産」のタチウオを使ったメニュー=沼津市千本港町

 沼津我入道漁業協同組合は11月3日、居酒屋経営などの三光マーケティングフーズ(東京都)と事業提携し、沼津市千本港町の沼津港エリアで飲食店「まるが水産」を開店する。外食企業と漁協が提携した事業展開は珍しいという。漁協が鮮魚を仕入れ、首都圏に販路を持つ同社が店舗運営を行い、沼津の魚の全国発信を目指す。
 「まるが水産」では、主力のタチウオを使ったしゃぶしゃぶ定食やアジフライ定食、海鮮丼など5種類のメニューと一品料理を用意する。鮮魚の販売コーナーも設け、買い物客の要望に応じ調理して提供する。
 同社は首都圏の1都3県で、居酒屋や食堂など計約60店を展開していて、県内での出店は初めて。今後、首都圏にある系列店などで新鮮な沼津の魚を提供するという。
 開店を前に30日にプレオープンし、来店した関係者が、新しい港の魅力を味わった。同漁協の担当者は「地元の食文化を全国に発信する拠点になってほしい」と話した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿