静岡新聞NEWS

2020年度上半期 スズキ、世界生産100万台下回る

(2020/10/30 11:25)
スズキの上半期生産・国内販売業績
スズキの上半期生産・国内販売業績

 スズキは29日、2020年度上半期(4~9月)の四輪車実績を発表した。海外と国内を合わせた世界生産は前年同期比34・1%減の96万3269台で、上半期で100万台を下回るのは04年以来16年ぶり。コロナ禍の影響は夏以降は脱しつつあるが、主力のインドなどでの4、5月の需要急減が響いた。
 海外生産は45・4%減の55万5376台。3月下旬から約2カ月、工場稼働を停止したインドは42・8%減。パキスタン、タイ、インドネシアなども工場の一時稼働停止で生産が落ち込んだ。
 輸出用を含む国内生産は40万7893台で8・2%減。4、5月は稼働日を減らしたが、その後は工場での完成検査態勢強化に伴い減産した前年からの反動もあり、回復基調に転じた。
 世界販売は31・4%減の96万5513台。インドは36・1%減で、景気低迷に苦しんだ前年に続き2年連続で減少した。軽自動車と登録車(軽自動車を除く小型車)を合わせた国内販売は15・3%減の28万1897台。うち軽自動車は14・1%減の23万4433台、登録車も20・8%減の4万7464台だった。
 9月単月の世界生産は前年同月比19・1%増の29万3195台。国内は24・7%増、インドは25・7%増と持ち直しの動きが出ている。国内販売も1・5%増の6万7309台だった。
 インドではヒンズー教の祝祭がある11月に年間の最需要期を迎える。一方で、同国内は感染が収束していないため、スズキは下半期の見通しについて慎重姿勢を崩していない。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿