静岡新聞NEWS

静銀、甲府で証券需要開拓 2021年4月めど、提携で拠点設置

(2020/10/30 08:55)
静岡銀行と山梨中央銀行が設置する設置するプロジェクトチーム
静岡銀行と山梨中央銀行が設置する設置するプロジェクトチーム

 静岡銀行は29日、山梨中央銀行との包括業務提携を巡り、2021年4月をめどにグループ会社の静銀ティーエム証券の拠点を甲府市に設置する方針を固めた。高度な金融サービスやM&A(企業の合併・買収)のノウハウを共有するため、山梨中央銀から10人以上の行員も受け入れる。近くプロジェクトチーム(PT)を発足させ、協業を具体化させる。
 第1弾として山梨中央銀本店営業部にティーエム証券の店舗を設け、その後も山梨県内の複数の支店に拠点を置く。山梨中央銀にない証券分野で新たな需要の取り込みを図る。
 人材交流も加速させる。「ストラクチャードファイナンス」(仕組み金融)と呼ばれる高度な金融サービス、M&Aなどの分野で山梨中央銀から行員を受け入れる。
 店舗の共同化は静岡銀が神奈川県内で展開する支店と山梨中央銀の西東京地域の支店で実施する方向だ。それぞれ2~3店舗を営業拠点などとして相互に活用し、収益基盤拡大を目指す。
 11月中に両行の頭取、役員、部長級の3階層でPTを発足させる。部長級は地方創生、市場金融、事務共同化、店舗戦略など10の分科会を設け、個別の協業案件を具体化していく。
 両行は互いの独立経営を保ちながら互いの強みを生かし、協業やコスト削減を進めて競争力を高める。今後5年間で両行合わせて100億円の提携効果を見込む。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿