静岡新聞NEWS

バス旅需要喚起へ 浜松発着ツアー発売、綱引き体験や北遠トレッキング

(2020/10/19 09:24)
浜松市発着の日帰りプランについて打ち合わせる石原修司支部長(右)ら=静岡市葵区の県旅行業協会
浜松市発着の日帰りプランについて打ち合わせる石原修司支部長(右)ら=静岡市葵区の県旅行業協会

 静岡県旅行業協会浜松支部(石原修司支部長)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が落ち込む団体バス旅行を喚起しようと、浜松市内発着の日帰りバスツアーを企画し、19日から発売する。浜松市天竜区水窪と長野県飯田市の県境での「峠の国盗り綱引き合戦」体験や、北遠を巡るガイド付きのトレッキングツアーなど27プランを考案した。
 同市の観光消費回復を支援する「はままつ元気たび!浜松マイクロツーリズムでいかまいか」の助成事業。県民を対象に来年1月末まで通常の旅行代金から4千円(宿泊の場合は5千円)を割り引いた価格で市内の旅行会社24社が販売する。
 感染症対策のため、バス車内では2座席を1人で利用するなど定員を絞り込み、全プランの運行を浜松地区のバス会社11社が担う。
 プランは同支部会員が「地元密着の旅行会社ならではの視点で魅力を発信したい」と練り上げた。石原支部長は「県や政府の需要喚起策で個人や修学旅行は動きだしたが、貸し切りバス旅行は回復の兆しがまだ見えない。安心安全な団体プランを通し、浜松地区の観光を盛り上げたい」と話す。
 問い合わせは同支部<電053(489)4414>へ。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿