静岡県産品発信、直売 ECサイト開設 山崎製作所(静岡市)

 板金加工の山崎製作所(静岡市清水区)はこのほど、伝統工芸品やインテリア用品などの県産品を直売する電子商取引(EC)サイトを開設した。新型コロナウイルス感染拡大でメーカー各社が打撃を受ける中、静岡のものづくりの魅力を仲間と一緒に発信する。

伝統工芸品や食品など幅広い県産品が出品されている「しずパレ」の画面
伝統工芸品や食品など幅広い県産品が出品されている「しずパレ」の画面

 サイト名は「しずパレ」。県内の企業や農家など約40社・団体が、遠州織物や履物などの伝統工芸品、アクリル樹脂製の装飾品、みかんジュースやアジの干物などの食品、バラの花のセットなど150種類を出品している。
 山崎製作所は板金技術を生かしたかんざしなどのアクセサリーを出品する。山崎かおり社長は「農家など独自でECサイトを持たない事業者は多い。コロナで厳しい中、たくさんの商品が集まるサイトの活用が販路開拓や消費者へのPRにつながれば」と話す。出品する企業を今後も募り、来年9月末までに200社、千商品の登録を目指す。動画配信を通して、ものづくり現場の紹介なども行う。
 サイトのアドレスはhttps://shop.shizupare.jp

SNSでシェアするSHARE

いい茶0