静岡新聞NEWS

静岡市の特産品紹介 コロナ禍で販売減の事業所支援

(2020/9/23 14:00)
地元の特産品や土産物の魅力を紹介した販売イベント=静岡市葵区の新静岡セノバ
地元の特産品や土産物の魅力を紹介した販売イベント=静岡市葵区の新静岡セノバ

 新型コロナウイルスの影響で、特産品の販売機会が減った静岡市の事業所を支援しようと、同市葵区の新静岡セノバで19~22日、販売イベント「シズオカエールマーケット」が開かれた。市の地域ブランド認証事業「しずおか葵プレミアムアワード」と、市産学交流センターの土産品開発事業「静岡おみやプロジェクト」に関わる市内の事業所延べ9社が参加した。
 最終日は6社がブースを並べ、横断バッグや果実酢、駿河湾産の海産物の加工品など約40品をそろえた。同区の「梅ケ島くらぶ」は、梅ケ島地区で育った和紅茶に、シナモンなどのスパイスを加えたチャイのシロップなどを販売した。来場者はスタッフに商品の魅力や開発経緯を聞きながら買い物を楽しんだ。
 同マーケットはコロナ禍を乗り越えようと頑張る地域の事業所を応援するプロジェクト「ガンバロウ シズオカ!」の一環で、市と静鉄グループが共同開催した。24~30日には、新東名高速道ネオパーサ静岡の店舗に特設ブースを設ける。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿