静岡新聞NEWS

CMグランプリ 入賞16作品表彰 静岡県広告協会

(2020/8/7 09:28)
テレビ部門の最優秀賞に輝き、表彰状を受ける三幸コーポレーションの斎藤哲一社長(右)=6日午後、静岡市駿河区
テレビ部門の最優秀賞に輝き、表彰状を受ける三幸コーポレーションの斎藤哲一社長(右)=6日午後、静岡市駿河区

 静岡県広告協会(会長・大石剛静岡新聞社・静岡放送社長)は6日、第24回県CMグランプリの表彰式を静岡市駿河区で行った。テレビ、ラジオの両部門で入賞した計16作品の広告主、広告会社、制作会社をたたえた。
 テレビ部門の最優秀賞は三幸コーポレーション(沼津市)の企業CM「狼男」編。世相を反映しながらコミカルに企業名をPRした。斎藤哲一社長は「受賞できてうれしい。賞に恥じない会社運営をして、愛されるCMを作っていきたい」と喜びを語った。
 ラジオ部門の最優秀賞は新日邦(藤枝市)の「コンコルド準備万端プロポーズ編」など4編。山田正次総務部長は「立派な賞をいただき、関係してくれた皆さまに感謝したい」と述べた。
 2019年度に放送されたCMの中からテレビ部門に56点、ラジオ部門に17点の応募があった。今井学副会長は「(コロナ禍で)商品だけでなく企業の価値観や姿勢を伝え、消費者との信頼を築こうとする広告が増えた。新しい生活様式を踏まえ、人に寄り添った広告作りをしていってほしい」とあいさつした。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿