静岡新聞NEWS

車で仕事「軽バンオフィス」 浜松の企業連携制作【新型コロナ】

(2020/8/6 08:33)
オフィス機能を持たせた軽乗用車で作業する杉浦直樹代表取締役=浜松市中区
オフィス機能を持たせた軽乗用車で作業する杉浦直樹代表取締役=浜松市中区

 テレワークを推進しようと、浜松市中区のコワーキングスペース「ザ・ガレージ」が、乗用車を仕事場代わりに使うことを提案している。市内企業と連携し、家庭用電源を使う「軽バンオフィス」を制作した。
 新型コロナウイルスの影響で在宅勤務する会社員が増える中、「自分の部屋がない」「会議内容を家族に聞かれると困る」などの悩みを解決しようと発案した。
 「軽バンオフィス」は軽自動車の後部に木製の床と机、座いす、エアコン、コンセントを設置して小さなオフィスに仕立てた。車外に取り付けたコンセントと家庭用電源をつなぐことで、エンジンをかけずにエアコンやパソコンを利用できる。同市東区の望月自動車と西区の入政建築が施工した。
 ザ・ガレージの利用者に実際に使ってもらい、体験談をテレワーク関連の情報をまとめた市のサイト「ハマリモ!」で紹介する。ガレージを運営するウィーウィル(同市中区)の杉浦直樹代表取締役は「車なので移動でき、自然の中で作業することも可能。もっと自由な働き方ができるようになるのでは」と話す。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿