静岡新聞NEWS

しゃきしゃきの食感、梨お届け JAとぴあ浜松「幸水」出荷

(2020/8/1 08:59)
出荷に向けて作業が進められる幸水=浜松市浜北区のJAとぴあ浜松柿梨選果場
出荷に向けて作業が進められる幸水=浜松市浜北区のJAとぴあ浜松柿梨選果場

 高糖度でしゃきしゃきとした食感が特徴の露地梨「幸水」の出荷が31日、浜松市浜北区のJAとぴあ浜松柿梨選果場で始まった。8月3日から同選果場に隣接する直売所で販売する。
 出荷初日は約2トン分を従業員約30人が傷が無いか確かめ、箱に詰めた。幸水は同JAの主力品種。同区を中心に生産者約20人が約8ヘクタールで栽培している。今季は長雨の影響で生育が遅れ、果実はやや小ぶり。昨季並みの約120トンを8月下旬まで、市内や富士市の市場に出荷する。梨の出荷は8月下旬から始まる「豊水」、9月上旬からの「あきづき」と9月下旬まで続く。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿