静岡新聞NEWS

スズキ世界生産、2年連続減 1~6月四輪、コロナでインド市場停滞

(2020/7/31 07:49)
スズキの上半期生産・国内販売実績
スズキの上半期生産・国内販売実績

 スズキは30日、2020年上半期(1~6月)の四輪車実績を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な市場停滞が響き、海外と国内を合わせた世界生産は前年同期比38・0%減の99万7611台で2年連続で減少した。世界販売も同39・7%減と振るわなかった。6月単月では世界生産、販売ともに改善傾向が見られた。
 海外生産は46・8%減の60万2627台。主力のインドは3月下旬から5月まで工場の操業を停止し、前年同期比で47・0%減少した。パキスタンやハンガリー、インドネシアなどでも工場を一時停止し、生産が伸び悩んだ。
 輸出用を含む国内生産も、4~5月の国内5工場の稼働日数減で17・3%減の39万4984台と低調だった。
 世界販売は95万5226台で2年連続減。インドなど海外各国で都市封鎖の影響が出た。軽自動車と登録車(軽自動車を除く小型車)を合わせた国内販売は22・4%減の29万3428台。うち軽自動車は21・9%減の24万992台でワゴンRなどが苦戦した。登録車もクロスビーなどが伸びず、24・4%減の5万2436台だった。
 6月単月では世界生産が前年同月比32・4%減の14万8432台、世界販売は36・1%減の14万9935台で、4、5の各月と比べて減少幅が縮小した。国内生産は、工場での完成検査態勢強化に伴い減産した前年からの反動もあり、15・3%増の8万3173台に回復。インドは54・6%減の5万740台。
 国内販売は来店客数の持ち直しで6・7%減の5万572台だった。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿